ホーム>コーギーってどんな犬?

コーギーってどんな犬?

コーギーの性格と特徴

コーギーの性格と特徴

コーギーはとても活発で相当の運動量をこなす体力のある犬です。性格も朗らかで飼い主に対しての愛情表現がとても豊かな犬でもあり、非常に従順です。

ただ、興奮しやすく、飼い主の足に噛み付く習性があるため、しつけには注意が必要です。この習性は、牧畜犬として牛や羊の足に噛みついていた名残りとも言われています。

頭のいい犬種なので、自立心や自己判断能力に優れ、好奇心も旺盛です。

外見は胴長短足でピンとした大きな耳の愛らしい姿がコーギーの最大の特徴です。短い足で一生懸命に歩いたり走ったりする姿はとてもかわいらしいものです。尻尾はまったくないか、もしくはとても短いのが特徴です。しかしこれは生まれつきでなく断尾によるもので、本来はフサッとした長い尻尾があります。

コーギーの運動能力

コーギーの運動能力

コーギーは、古くから羊や牛を追うための牧畜犬として働いてきました。ですから、見た目以上に動きも素早く、また体力もある犬種です。

各種の大会やフリスビーの競技会などでは、必ずといって良いほどコーギーが参加しており、これは運動能力が優れていると同時に、非常に物覚えが良い犬種だからこそといえます。

コーギーの飼い方

コーギーの飼い方

コーギーは非常に賢い犬です。ですから、犬と飼い主との力関係をきちんと確立しておく必要があります。犬と飼い主との力関係は、保護者と被保護者の関係に近いものです。自分はこの相手(飼い主)に守られているのだと認識させることがとても重要です。

被保護者であることを認識した犬は、家族の一員としてリーダーの指示に従うのはもちろん、同時に全幅の信頼をリーダーである飼い主に置きます。それは犬にとって、守られているという安心感の現れであもります。

ただ、力だけで屈服させるのではなく、保護者としての愛情を注ぐ必要があります。

まずはお気軽にお電話ください!

  • 電話番号:0942-77-6091
  • メールでのお問い合わせ
  • Facebookページ